【インタビュー】Salley「自分の決意を見せたかったし自分に対して言い訳できないものを作っておきたいという気持ちがあった「その先の景色を」」 (BARKS) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

まだシングル2枚しか出していないニューフェイスにも関わらず、この堂々たる存在感と、時間と空間と超えるエヴァーグリーンなポップス感覚には、すでに揺るぎない信頼感がある。「赤い靴」、「green」(TOWER RECORDS限定シングル)を経て届いたセカンドシングル「その先の景色を」は、軽やかに刻まれるアコースティック・ギター、四つ打ちの躍動感を隠し味にした心弾むビート、遥かな郷愁を誘う美しいメロディ、そして大地をしっかりと踏みしめて前に向かう決意を綴った力強い歌詞。期待通り、いや期待以上に、Salleyの持つポテンシャルの大きさをはっきりと示す素晴らしいシングルの登場だ。
◆Salley オフィシャルサイト
■みんなはちゃんと地に足をつけているんだけど
■自分だけが踊り続けているという感覚がずっとあった
──デビューから4か月ちょっとで、限定シングルも入れると3作目。快調にリリースが続いてます。
上口浩平(以下、上口):自分たちでペースを決めてるわけじゃないんですけど、アーティスト的にはすごい助かります。ただでさえ世の中の流れは速いので、ちょっとでもきっかけを作らせてもらえるのはすごくありがたいですね。
──ということは、自分たちのペースでやると、もっとゆっくりになるかもしれない?
上口:あー、そうかもしれない。
うらら:でも、どっちかというとせっかちですよ。上口くんは。
──あ、そうなんですね。第一印象と違う…とか言ったら悪いけど(笑)。おっとりタイプに見えるので。
うらら:もう私には、そういうふうには見えないです(笑)。絶対私のほうがマイペースで、みなさんにご迷惑をかけてると思います(笑)。
──意外です(笑)。そんなニューシングル「その先の景色を」は、どんなふうに作った曲ですか。
上口:原型はかなり昔からあって、22、3歳ぐらいの時に作ったものなんですけど。その頃は自分の音楽ができてない状態がずっと続いていて、フラストレーションがたまってて、そういう状態を壊してくれるような楽曲がほしいなとずっと思っていて。うららと一緒にやるということになって、明るい曲を作りたいと思った時に、「そうだ、あの時作ったあのメロディ、良かったな」と。
うらら:二人で曲を作ってみようということになって、上口くんから最初に送られてきたのがこの曲です。その時点では、謎の上口歌詞が乗ってたんですけど(笑)。「書き換えていいよ」と言われたので、歌詞を書き換えました。せっかく二人で作る第一作目になるんだったら、これから音楽をやっていく決意を書いておきたくて、上口くんに対しても自分の決意を見せたかったし、大阪に残してきた友達に対しても“大丈夫だよ”ということを伝える曲でもありたかったし。特に自分に対して、言い訳できないものを作っておきたいという気持ちがあって。
──はい。なるほど。
うらら:自分には弱いところがあって、すぐ言い訳するし、逃げ道があれば逃げ出したくなるタイプなので、自分に言い訳がきかないようにしておきたかったんですよ。もし自分がこの先に、夢をあきらめようとして、言い訳をした時に、「でも、あなたはあの時にこういうふうに言ってますよ」という戒めとして残るような、「あなたは、迷いながらも自分で決意したんでしょ?」というふうに自分に言えるようなものを、と思って書いた歌詞です。
──上口くんも、この曲には始まりの決意をこめたかった?
上口:自分自身に対しての決意は特になかったです。「このユニットはどうなるかわからないけど、とりあえずやってみよう」という感じだったから、あくまでフラットにお互いのセンスをくっつけるほうが、音楽的に健全かな?と思ったので。自分がいいと思った楽曲に、うららが自分が納得のいく歌詞を乗せてくれたらそれでいいかな、と。でもやっぱり、完成した時にはすごくうれしかったです。うららが歌ってくれることで、自分の夢であった“自分の音楽をする”ことがかなえられたので、本当にうれしかった。
──これが本当の1作目なんですね。リリースの順番は逆になってるけれど。
うらら:そうなんです。01、02、03…ってナンバリングしていって、「赤い靴」が03、「green」は06なんですけど、「その先の景色」は01より以前のもので、ナンバリングすることもまだ決めてない時の曲です。
──いろいろ腑に落ちました。これが最初だから「赤い靴」があって、「green」があるんだなって。やっぱり“色”が入ってるし。
うらら:(笑)でもそれ、言われるまで気づかなかったんですよ!「今回は色の名前が入ってないから大丈夫?」とか思ってたら、ファンの人に“色”っていう漢字が入ってますって言われて、「ほんまや〜、まったく気づいてへんかった…」って(笑)。
──やっぱり色からイメージを発想する人なんですね。第一作目からそうだったということで(笑)。
うらら:確かに景色とか色とかを思い浮かべながら書いてるから、そうなりがちなんですよね。特に初期の作品には多いのかなと思います。
──うららさんの歌、ファルセットをうまく使って空を舞うような高揚感を感じます。それこそ、Salleyの音楽的要素の一つであるアイリッシュっぽさを感じる節回しだなと思ったんですよね。
うらら:私は何も考えずに歌ってました。がなる感じの曲ではないし、涼しげな感じで歌いたいとは思ってましたけど。ただここで採用されたテイクは、本当に昔に歌ったやつで、今聴くと粗いし、悪く言えば雑なんですよ。最初はちょっと嫌だったんですけど、でもこのセカンドシングルというタイミングであらためて聴くと、初めてレコーディング・スタジオに入って興奮してる自分のみずみずしさとか若さとか、期待感とかがすごく声に出ていて、これはこれでいいなと思ったんですね。自分で聴いても「あの時はこんな気持ちだった」と思って原点回帰できるので、これでよかったと思います。
──サビの“ねえ踊らせて、止めないで”っていうフレーズ。「赤い靴」の“踊っているのは私だけ”につながるところ、ありますよね。
うらら:そうなんですよね。“踊っているのは私だけ”というフレーズはずっと私の中にあったもので、みんなはちゃんと地に足をつけているんだけど、自分だけは踊り続けている、という感覚はずっとあったんで。表現する時に、そういう状態のことを“踊っている”という感じがしちゃうんですよ。
──「green」の、“お願い時を止めないで”というフレーズにもつながるし。やっぱりうららさんの言葉使いのセンスがすべてここに出てるなーという気がします。あ、いや別に、語彙が少ないと言ってるわけじゃないですよ!(笑)
うらら:(笑)でも考え方としてはきっと、全部同じなんだろうなと思います。先が見たいから、今で満足できないから、どうなっててもいいからって…同じこと言ってますね、「green」と。今ビックリしました、私(笑)。
──考え方は一緒なんですよね(笑)。「green」は恋愛で、「その先の景色を」は生き方だけど、基本姿勢は同じというか。
うらら:まったく同じこと言ってるなーと思ってビックリしました、自分で。本当にそうだと思います。
■自分の曲の中でも大事にしている一番可愛い曲
■思ってることがこんなにきれいに書けたことはない
──さらに、このシングルには共通点があるような気がしていて。初回盤と通常盤を合わせると全部で4曲あるんですけど、旅立つとか、前に進むとか、共通のイメージを歌う曲が多いなと。
うらら:そうですね、確かに「その先の景色を」と「きみのヒーロー」は、続きの物語になってると思います。「その先の景色を」は目が前を向いてるんだけど、「きみのヒーロー」は、前には進んでるんだけど後ろを振り返っている感じ。歌詞の内容は、出て行く男の子と、待ってる女の子のイメージなんですけど、自分も実際、友達からヒーロー扱いされることが多かったりするんですよ。「うららは強いよね」とか、「うららなら助けてくれると思った」とか、そういう言われ方をすることが多くて。でも本当は、私個人が強いわけではなくて、「強いよね」と言われることでその期待に応えたいとか、強い人でありたいと思うようになることが、自分の強さの原型だったりするから。私にとっては、そういう人たちの言葉がヒーローみたいな役割で、支えになっているということを、東京に出てきてからすごく感じているんですよね。“誰もが誰かのヒーローに絶対なってる”というと、安い言葉に聞こえるけど、でもそういうことを書きたくて書いた歌詞です。
上口:明るく楽しい曲を作りたかったんですよ。アイリッシュ・パンクな感じで、ライトだけどざらつきがあるみたいな。この曲はレコーディングがすごく楽しくて、決め事を極力少なく、ダビングも「次、こんな音入れていいですか」とか、「これちょっと弾いてみていいですか」とか、実験的なことをしながらリアルタイムでトラックを作っていって。そのワクワク感が、いいまとまり具合で収められたかなと思います。
──あと、初回盤にはもう1曲「各駅停車」。これもいいですねー。古き良きフォークソングのような、郷愁に誘われるような。
うらら:これは自分の曲の中でも一番可愛い曲で、可愛くて可愛くて仕方がなさすぎて、ついにアレンジにまで口出ししたという(笑)。「クラップの音がもうちょっと明るいほうがいいです」とか、そのくらいのことですけど、それほど大事にしている曲です。自分の思ってることがこんなにきれいに書けたことはないなというぐらい、うまく書けました。上口くんから曲が送られてきた日に、たまたま小学校の友達と会ってたんですよ。大阪の子たちが東京に出てきている“東京組”が何人かいて、その子の家にみんなで集まって、別に大事な話があるわけでもなく、好き勝手にベッドに寝転んでる子もいれば、CD聴いてる子もいれば、本当にざっくばらんな感じで集まっていて。話題は昔の思い出話が多いんだけど、「昔はよくそんなことで笑ってたな」という笑いじゃなくて、「当時こんなことあったよね」ということで本当にゲラゲラ笑ってたから、「変わってないんだな」と思って。
──あー。なるほど。
うらら:きっとみんなスーツを着て会社に行けば、大人の汚いところとか、社会の難しい面とか、いろんなことを知ってるだろうし、自分も汚いことをしたことが、もしかしたらあるかもしれないし。そんな中でも、こうやって集まったら本当にその時に戻れるんだなと思ったんですよね。住んでいた町の風景も変わって、私たちも変わってきたはずなんだけど、変わらないきれいな部分はずっとあって、会うたびにそれは蘇ってくるんだなと思って、その事実にすごく感動した一夜だったんですね。で、家に帰ってすぐに曲を聴きながらバーッと歌詞を書きました。曲をもらって、1日で返したのは初めてでしたね。
──演奏としては、ギターの哀愁のスリーフィンガーがたまらないんですが。
上口:ジョン・メイヤーがよくするんですよね。僕の中ではジョン・メイヤーっぽいなと思いながら、うららが川辺でひとりでギターを爪弾きながら歌ってるのを想像しながら作った感じです。どフォークになりすぎても違うと思ったので、自分なりにトラッドな要素を感じられるコードの積み方をしてみました。
──そして、さらにもう1曲。通常盤に入ってる「fragile」。
上口:これはかなり苦戦しました。曲はすぐにできたんですけど、アレンジの方向性が定まらなくて。でもいい曲になると思ったし、ディレクターと二人で“絶対あきらめない”と言いあいながら頑張ったので、できあがった時に達成感はすごくありました。歌もすごくいいテイクが録れたので、思わず「ありがとうございます!」ってうららにメールしたりして(笑)。みんなに助けてもらって、後悔のないものに仕上がったと思います。
──歌詞は非常に繊細でナイーヴな、心の世界を描いてます。
うらら:最初にデモを聴いた時から、張り詰めたもの、もろいもの、ガラスが割れる音のようなイメージを感じていたので。張り詰めて生きている人や、もろさを抱えた人って、たくさんいるじゃないですか? そこで強がったり、逃げ道を作ったりしながら、それでも頑張って生きている。昔の私は、そういう人たちのことが理解できなかったんですよ。自分が素直に生きてるぶん、周りの人間にも素直を求めがちだったんですけど、あるマンガを読んでたら、「私ってネガティブでダメですよね」と言った主人公に対して、「でもそれが長年生きてきて身につけたあなたの楽な生き方なんでしょ?」というシーンがあって。それにすごく反応して、“そうか、まっすぐ素直に生きるだけが正しい生き方なわけじゃないんだ”と。それができる人とできない人がいるし、そこを肯定する歌は、今までのJ-POPにはあんまりなかったんじゃないかな?と思ったんですよ。どの歌も「前向きに頑張ろう」「一生懸命頑張ろう」って、ただただ前を向いて素直になることが正義みたいな感じがあると思ったんですよね。
──うーん。それは確かに、なきにしもあらずかなと。
うらら:でもその人たちにはその人なりの、そこまで行きついた道だとか、いろんなことがあってそうなってるんだから。無理矢理「前向け!」って首を回したって、「嫌だ!」ってなる。だからそこを肯定して、もちろん最終的に前を向いて生きれたらいいと思うけど、そこを肯定する歌があってもいいなと思って、そういう歌詞を書きたかったんですね。
──最後の“それもいいね”というフレーズが、すごく優しく効いてます。
うらら:優しくなりたいんですよ、私が。そういう人間じゃないから。どっちかというと、「前向けよコラ!」っていうタイプなので(笑)。
──面白いなぁ。うららさんの歌詞、ナンバリングに沿って並べると、成長しながらだんだん変わっていく部分が、すごくよく見えてくるような気がする。
うらら:1000とかになったら、悟りを開いたような歌詞になってるかもしれない(笑)。
──楽しみにしてます(笑)。そしてSalleyとしては、この夏は初めてフェスに出たり、生で聴かせることも徐々に始めてます。これからはライヴも、どんどんやっていきたいですか。
うらら:やりたいです! 特にこの間、大きなステージでやらせてもらった時(8月31日、広島グリーンアリーナ)には、本当に楽しかったんですね。Salleyのことを知らない人がほとんどだったと思うんですけど、みなさん手を叩いてくださったりとか、ライヴ後に声をかけてくれる人がいたりとか。今までは歌うことで精一杯だったのが、パフォーマンスの部分も大事だなとすごく感じるようになったし、自己満足じゃいけないんだってすごく思うようになりました。ファンの方も大きい会場でSalleyを見たいと言ってくださるし、そこは頑張ってみたいと思いますね。自分たちのライヴがもっとできるようになりたいというのが、今の自分の中の大きな目標です。
取材・文●宮本英夫
「その先の景色を」
2013.10.02発売
【初回限定盤】(CD+DVD) VIZL-589 \1,500(tax in)
CD
1.その先の景色を
2.きみのヒーロー
3.各駅停車
4.その先の景色を (instrumental)
DVD
その先の景色を(Music Video)
【期間限定盤】(CD+ダブロイド紙) VIZL-597 \800(tax in)
1.その先の景色を
2.その先の景色を (instrumental)
<Salley 2nd Single「その先の景色を」発売記念FREE LIVE TOUR 2013>
10月6日(日)【名古屋】アスナル金山 あすなるステージ
10月12日(土)【大阪】あべのHoop 1F オープンエアプラザ
10月14日(月・祝)【神奈川】ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージ
10月19日(土)【福岡】キャナルシティ博多B1F サンプラザステージ
<Salley 2nd Single「その先の景色を」発売記念ミニライブ&サイン会>
10月2日(水) 新星堂国分寺駅ビル店 イベントスペース
10月4日(金) タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
10月12日(土) NU chayamachi 1F ウメチャ祭特設ステージ
<MINAMI WHEEL 2013>
10/12(土)・10/13(日)・10/14(月・祝) 会場:大阪・ミナミエリア ライブハウス20ヶ所以上
Salley出演:10月13日(日)BIGCAT(17:00より出演)
<Salley Live Tour 2014 Spring>
2014年4月18日(金) 名古屋CLUB QUATTRO
[問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(全日10:00-18:00)
2014年4月20日(日) 梅田CLUB QUATTRO
[問]GREENS 06-6882-1224(平日11:00-19:00)
2014年4月26日(土) 恵比寿LIQUIDROOM
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00?19:00)
<ZIP FM 「AUTUMN SQUARE」>
10月5日(土)・6日(日)久屋大通公園久屋広場
Salley出演:10月5日(土)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130930-00000790-bark-musi


元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130930-00000790-bark-musi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください