アジカン、Perfume、miwa、SPYAIRら大阪で豪華ステージ (ナタリー) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

昨日4月29日、大阪・大阪城ホールにてFM802が主催するライブイベント「FM802 25th ANNIVERSARY 802GO! SPECIAL LIVE -REQUESTAGE 12-」が開催され、SPYAIR、KANA-BOON、miwa、back number、Perfume、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが競演した。
【この記事の関連画像をもっと見る】
通算12回目となる「REQUESTAGE」には1万3000人の音楽ファンが集結。トップバッターとして登場したSPYAIRは、持ち前の重厚なロックサウンドで観客の気持ちを鼓舞する。彼らは昨年リリースした3rdアルバム「MILLION」の収録曲3曲と、「大阪のために持ってきた」という開放的でキャッチーなサウンドが印象的な新曲「イマジネーション」、サビをオーディエンスとともに大合唱できる「サムライハート (Some Like It Hot!!)」の計5曲を演奏した。
地元大阪出身のKANA-BOONは、5月21日にリリースするシングル「フルドライブ」など、アッパーなサウンドを披露し冒頭からアクセル全開。MCでは、ちょうど2年前の2012年4月29日に「キューン20 イヤーズ&デイズ」で自分たちがオープニングアクトを務め、この日の出演アーティストの1組・ASIAN KUNG-FU GENERATIONと対バンする夢を叶えたこと、そしてこの日正式な競演を果たしたことを感慨深げに語っていた。
ハツラツとしたパフォーマンスで大きな声援を浴びていたのが、miwa。原色を散りばめたトップスにパンツ姿で、ジャンプしながらポップなナンバー「春になったら」を歌うと、「ミラクル」「Faith」と続け、リクエスト1位だった「ヒカリヘ」を熱唱した。次のback numberは、リスナーのリクエストに応えるシステムを自分たちのライブツアーでも採用しようかというジョークを挟みつつ、「花束」「fish」「青い春」を披露。最後はキャッチーなメロディの「高嶺の花子さん」で会場を沸かせる。
5組目は「REQUESTAGE」に3度目の出演となるPerfume。彼女たちは大歓声に迎えられながら、イエロー、オレンジ、グレーの3色を散りばめたコスチュームでキレ味抜群のダンスアンサンブルを見せていく。この日は代表曲「ポリリズム」「チョコレイト・ディスコ」をはじめライブでおなじみの4曲をパフォーマンス。FM802とPerfumeメンバーの年齢が同じ25歳ということなどを、広島弁で語るほほえましいMCも魅力的だった。
イベントのトリを飾ったのは、実に6回目の「REQUESTAGE」出演となるASIAN KUNG-FU GENERATION。サポートキーボーディストを加えた5人編成で、デビュー間もない頃にリリースした「君という花」から新曲「スタンダード」まで、新旧織り交ぜたセットリストで臨んだ。後藤正文(Vo, G)はMCで「音楽好きな人を仲間だと思っている」と話し、このイベントを象徴する言葉にオーディエンスは大きな拍手と歓声を送った。彼らはアンコールを含め最多の6曲を演奏し、大きな盛り上がりのうちにイベントを締めくくった。


Screenshot of headlines.yahoo.co.jp


元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140430-00000074-natalien-musi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください