二条城に年間160万人超 22年ぶり、バブル後最多 (京都新聞) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 世界遺産の二条城(京都市中京区)の2014年度の有料入城者数が前年度比約4万人増の162万8798人(暫定値)となり、バブル崩壊後最多を記録したことが30日分かった。
 同事務所によると、入城者が160万人を超えたのは1992年度以来22年ぶり。アジア圏を中心とする外国人観光客の増加が底上げにつながった。13年度に約4100台だった中国語音声ガイド機器の年間貸し出し数が14年度は2倍以上の約1万台に増えた。
 二条城の入城者は、大阪万博が開かれた1970年度の約211万人がピークで、以降は減少傾向に転じた。91年度のバブル崩壊後はさらに落ち込み、2000年度には約114万人まで減少していた。
 ただ、近年は重要文化財の障壁画を特別公開するとともに、城内を会議やイベント会場に貸し出すなど誘致策に力を入れ、3年連続で前年度を上回った。
 現在は東大手門の改修や駐車場の再整備などを進めている。元離宮二条城事務所の河嶋敏郎所長は「魅力を高める取り組みが増加につながっている。200万人を目指す」と意気込む。
 30日も多くの観光客でにぎわった。兵庫県姫路市から訪れた粟根さつきさん(50)は「想像以上にゴージャスな空間で、圧倒された」と感激していた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000025-kyt-l26


元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150430-00000025-kyt-l26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください