破門されて1年…桂きん枝さんを救った亡き恩人の“直談判” (日刊ゲンダイ) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 芸歴47年目、円熟の噺家として人気の桂きん枝さん(65)。だが、かつて師匠だった5代目桂文枝(故人)から破門されて、落語界どころか芸能界からも消えていた空白の1年があった。その窮地を救ったのがこの人だった――。
  ◇  ◇  ◇
「多持(5代目桂文枝の本名、長谷川多持)、きん枝、戻してええか……。戻すで」
「兄貴がそう言うなら、しゃあないなあ」
 大阪・玉出にあった先代の文枝師匠のご自宅ですわ。忘れもせん、1984年の春。故・6代目笑福亭松鶴師匠(享年68)が、破門・謹慎中やった私を連れて、文枝師匠の自宅へ行き、復帰を直談判してくれはったんです。
 僕は玄関におって中の様子は見えへんかった。それでもおふたりの声はよう聞こえてました。この瞬間、僕の約1年の破門が解けて復帰が決まったんです。
 文枝師匠は当時、松鶴師匠、3代目桂米朝師匠、3代目桂春団治師匠と並んで、「上方落語の四天王」と言われておったんですが、先代(4代目桂文枝)とも付き合いがあった松鶴師匠を兄のように慕っておりました。それで「兄貴が」と返したわけです。あの時松鶴師匠が頼んでくれへんかったら今もこうして噺家してられてるか……。
 ここまでにはいろんな経緯がありました。時計の針をグルッと戻しますとね、僕は70年代から80年代にかけて、若手落語家として「ヤングおー!おー!」(毎日放送)や「プロポーズ大作戦」(朝日放送)にレギュラー出演してまして、アイドルみたいに人気やったんです。
 決して驕ってたんとちゃいますよ。ほんでも脇が甘かったんですわ。79年から83年にかけて無免許運転やら何やかんやで不祥事が続き、さすがの文枝師匠も上方落語協会会長やった手前、見過ごすことはでけへん。それで83年9月に破門にされたんです。
■謹慎中は知人の会社で電話番
 そうはいうても、先妻との間の子供は小さかったし、自宅を買うて間もない。家のローンやら生活費、おまけに前年の収入に対する税金がドーン……。結構な額のお金が毎月必要やったんです。そしたら、事務機器や自動販売機を扱ってる知り合いの会社の会長が「京都・山科で遠いんやけど、ウチの倉庫で働かへんか」と言うてくれはった。
 しかも、「なんぼ必要なんや?」と。普通、「こんだけしか出せんけど、よかったら来るか」と言うのが一般的やのに……。僕は高校を卒業後、3カ月ほどサラリーマンして、すぐに文枝師匠に入門しましたんで、資格どころか自動車免許も持ってなかった。できるのはトラックが積んできた商品の出し入れと電話番ぐらい。
 それやのに「すんまへん。50万円、お願いできまっしゃろか」と言うたら、「他のヤツに言うたらあかんで」と言いながら、そのまんま出してくれはった。加えて家族持ちなんやからと社会保険、厚生年金、全部、会社持ちですわ。これはホンマありがたかった。
 自宅は大阪・千里山やったんで、それから朝は7時半ごろに出勤して夜8時ちょい前に帰宅の生活。謹慎中の身やから飲みにも行かず、落語はもちろん芸能関係ともすっぱり縁を切ってました。
■復帰後は真剣に落語に向き合った
 そんな時ですわ。年が明けて84年1月31日。僕が入門した当初から何かと面倒見てくれてた4代目林家小染師匠が交通事故で亡くならはった。師匠とは同じアパートに住んで一緒に下積みしとった仲やったんで、さすがに葬式に顔出さないかん。
 そこで、久しぶりに顔を合わせたんが松鶴師匠です。聞かれるまま近況を話しましたら、「ほな、いっぺんウチに来んか」と。そして後日、お邪魔しましたら、そのまま文枝師匠の自宅に連れて行ってくれたわけです。そこまでしてくれはるとは思てへんからビックリですわ。
 そして6月。ミナミにあった料亭「暫」の寄席「暫亭」で、芸名を「勝枝」に変えて復帰。その後、「きん枝」に芸名を戻して今に至るわけです。実は真剣に落語に向き合うようになったんは復帰後やからホンマ、今あるのは松鶴師匠のおかげ。大恩人ですわ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160314-00000006-nkgendai-ent


元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160314-00000006-nkgendai-ent

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください