【甲府】松橋、開幕弾!チームメートに感謝 (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

◆明治安田生命Jリーグ 第1節 G大阪1―1甲府(26日・市立吹田スタジアム)
 貴重な勝ち点1発進だ! ヴァンフォーレ甲府は、アウェーでG大阪との開幕戦に臨み、1―1で引き分けた。後半10分にMF松橋優(31)のゴールで先制。その後も集中しながら、ゲームを進めたが、試合終了間際に同点ゴールを許し、2季連続の開幕戦白星はならず。それでも、リーグ戦の対戦で4連敗中だった強豪相手に、価値ある勝ち点1を手にした。
 2017年のチーム1号は伏兵・松橋の右足から生まれた。0―0の後半10分、MF田中が「(ゴール前に)スペースが空いていた。走り込んでくれると思った」と左クロス。右サイドを懸命に駆け上がった背番号16が冷静に蹴り込んだ。
 敵地の2万1284人を黙らせた。松橋にとっては、昨年5月14日の名古屋戦以来のJ1通算5得点目。「走っておけば何とかなると思ったし、しっかりといいパスをくれた。落ち着いて決めることができた」と、チームメートのお膳立てに感謝した。
 吉田新監督も先制点のシーンを評価した。「クロスを逆サイドの選手が(ゴール前に)詰める。意識してトレーニングしてきたこと。今季を戦う上で、大事なシーンになった」と振り返った。
 3月22日に32歳になるが、衰え知らず。守備でも5バックの右サイドとして奮闘した。それでも、後半ロスタイム1分の被弾で白星はスルリ。松橋は「最後の失点がもったいない。結果(勝ち点1)だけ見ると良かったかもしれないが、勝てた試合だった」と悔しさもにじませた。来月4日のホーム・開幕戦(対鹿島)で、正真正銘の主役の座を奪う。(小沼 春彦)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000239-sph-socc


元記事はこちら>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000239-sph-socc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください