“大阪都構想”4区案・6区案を初めて公表 (関西テレビ) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

大阪のカタチはどう変わるのでしょうか?
いわゆる“大阪都構想”の再挑戦を目指す吉村洋文市長が、
大阪市24区を4区か6区に再編する
区割りの新たな案を発表しました。
【坂元キャスター】
「大阪市役所です。会議室には24区の区長が集まっています。
 今から新しい区割り案が示されます」
この会議で、吉村市長は
大阪市を4つか6つの特別区に再編する区割り案を
初めて示しました。
4区の区割り案は、大阪市に今ある24行政区が
5つ、もしくは7つにまとめられて「特別区」になります。
一方、6区の区割り案では、
24行政区が3つから5つにまとめられて「特別区」になります。
4区案・6区案ともに交通の利便性などを考慮し、
ミナミの繁華街がある中央区と浪速区、
ハルカスなど商業エリアが集まる天王寺区と阿倍野区を
同じ区にしています。
また、人口の格差が2倍以上にならないようにし、
一人当たりの自主財源の格差も
約1.1~1.2倍に抑えています。
【大阪市 吉村洋文市長】
「財政の均等や過去の歴史、産業の集積性、
 様々な要素を加味して行政として素案を作りました」
“大阪都構想”最大の目的は
大阪市と大阪府による二重行政の解消。
大阪市を解体して特別区にした上で、
福祉や教育といった生活に密着したサービスは特別区が受け持ち、
交通や水道といったインフラは
大阪府に権限を持たせようとしているのです。
【橋下徹元大阪府知事】
「大阪市役所をぶっ壊す!そして新しい大阪都をつくる!」
7年前、『大阪都構想』を掲げたのは当時の橋下徹大阪府知事。
前回の案は、大阪市を5つの特別区に再編するというものでした。
その判断は、おととし住民投票に委ねられましたが、
結果は反対がわずかに上回り、「大阪都構想」は廃案となりました。
【大阪維新の会代表 橋下徹大阪市長(当時)】
「僕が提案した大阪都構想、
 市民の皆様に受け入れられなかったということで
 間違ったということになるんでしょうね」
あれから2年、
吉村市長は大阪市を4つ、または6つの特別区に
再編する案を示したのです。
Q.廃案になった5区案と何が違う?
【吉村市長】
「5区案と比べて、4区案は財政の安定性を重視してます。
 6区案は住民の身近なところで決定できる。区数が多いですから」
Q.4区案・6区案それぞれベスト案を示した?
【吉村市長】
「はい、そう思っていますね」
街の人は――
【東淀川区民】
「税収の差があったら不満が生まれるので、
 均等に税収があってサービスが同じようにに受けられるなら
 皆さん納得されるのでは」
【平野区民】
「(都構想は)する必要ないと思う。
税金の無駄遣いはしなくていいよ」
【平野区民】
「今のままでいてほしい。
 (各区で)特徴を生かして住んでいるから
 上からこうしますというのは困る」
【平野区民】
「住む人の暮らしにどれだけメリット・デメリットがあるのか
 はっきりしてもらって、
 税金の無駄遣いの見直しもしてもらいたい」
【坂元キャスター】
「西区です。西区の隣には財政の豊かな中央区があります。
 4区案の場合は中央区と一緒だが、6区案では別になります。
 西区民としては大きなポイントとなりそうです」
【西区民】
「中央区の方がかっこいいと思っている人は沢山いると思う。
(一緒になるなら)財政が豊かな区の方がいいんじゃないかと」
【西区民】
「わたし70歳だからね、
 あと20年も生きないからどっちでもええわ。
 これが整備されようが、私の寿命の方が先だから。
 アクティブシニア(習い事)行ってきます」
【西区民】
「私やったら、こっち(6区案)かな。
 港区とかに友達が多いし、中央区とかはちょっと違う。
 昔からの繋がりでいうと港区」
一方、“大阪都構想”に反対する自民党は…
Q.自民党としては、どういう考えですか?
【自民党大阪市議団 川嶋広稔市議】
「前回の5区案についての検証・総括がないまま、
 なぜ4区案・6区案なのか。単なる数合わせ、パズルゲーム。
 上から目線でこの区割りが出され、
 これから議論しようということ自体、
 住民自治を完全無視した進め方」
吉村市長は来年秋には住民投票を実施する考えを示していて、
いよいよ大阪のあり方をめぐる議論が本格化します。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000005-kantelev-l27


元記事はこちら>>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000005-kantelev-l27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください