「働かなくていい社会」になったら、どう生きる? 第2回(全3回)<シンギュラリティ・ビジネス> (幻冬舎plus) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

齋藤 和紀
 『シンギュラリティ・ビジネス――AI時代に勝ち残る企業と人の条件』の著者・齋藤和紀さんが、さる7月1日、「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB」(文化放送)にゲスト出演。パーソナリティの田村淳さん、篠田恵里香さんとの楽しいトークの模様を3回にわたってお届けします。
 シンギュラリティとは、科学技術の進化のスピードが無限大になること。シンギュラリティが到来すると、人間が死ななくてよくなるといったような、とてつもない変化が起きる、と齋藤さん。でも淳さん・篠田さんからは、「人間がAIに乗っ取られるのは恐ろしい」「人間にとってメリットがあるんですか?」という危惧の声も。シンギュラリティの先の世界は、はたして人間を幸せにしてくれるのでしょうか。
 * * * 


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00008675-gentosha-ent


元記事はこちら>>https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170911-00008675-gentosha-ent

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください