山中竜也 震災年に生まれた王者が神戸で3・18初防衛戦 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級タイトルマッチ」(3月18日、神戸ポートピアホテル)
 王者の山中竜也(22)=真正=が17日、神戸市兵庫区の真正ジム事務所で会見し、3月18日に神戸ポートピアホテル・大輪田の間で、同級4位のモイセス・カジェロス(28)=メキシコ=と初防衛戦を行うことを発表した。
 阪神・淡路大震災から23年目となるこの日、震災の年の4月に生まれた山中が神戸で初防衛戦を行う。「神戸で試合を行うことができることをうれしく思う。気合が入る。少しでも勇気や感動というものを与える試合ができたら。気持ちは挑戦者で、ボクシングはチャンピオンの戦いを見せたい」と意気込みを語った。
 挑戦者のカジェロスは昨年2月に熊本・松島総合センターで福原辰弥(本田フィットネス)と空位の同級王座を争い、1-2の判定で敗れた。王座に就いた福原は8月に熊本・芦北町民総合センターで山中を挑戦者に迎えて初防衛戦に臨み、山中が3-0の判定完勝で王座を奪った。そして初防衛戦にカジェロスを迎える。「タフでパンチがあり、振ってくる選手」と王者は印象を語った。
 山中は大阪・堺市の出身で6人兄弟の長男。漫画「はじめの一歩」に影響され、小学6年でボクシングを始めた。元世界3階級王者の長谷川穂積氏にあこがれて中学2年で真正ジムに入門。プロ17戦目に世界初挑戦でベルトをつかんだ。
 通算戦績は山中が17戦15勝(4KO)2敗。カジェロスは36戦28勝(KO)7敗1分け。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000068-dal-fight


元記事はこちら>>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000068-dal-fight

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください