最新の「変なホテル」はロボット勤務の医療クリニック併設、澤田氏「次の目標は完全無人化のホテル」(トラベルボイス) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

エイチ・アイ・エス(HIS)のホテル事業会社H.I.S.ホテルホールディングス(HHH)は、2018年4月27日に、「変なホテル東京 浜松町」をオープンした。それに先立ち4月25日には、記者会見と内覧会を開催した。
【関連画像】「変なホテル東京 浜松町」のイメージ
都内3軒目となる同ホテルは、「快眠・健康・近未来」がコンセプト。ロボットを活用した医療クリニックを併設するほか、世界のトップアスリートにボディケア商品を提供するファイテン社とコラボした空間ごと心身を癒すフロアを設けるなど、変なホテルとして初の要素を多く盛り込む。
HHH代表取締役会長兼社長の澤田秀雄氏は、「出張などビジネス目的で宿泊し、仕事をしながら健康チェック・健康相談ができる便利なホテル。変なホテルは世界一生産性の高いホテルとして日々改善しているが、医療分野でも生産性を高めることができないか」と語り、変なホテルのコンセプトとの親和性を強調。全体での相互シナジー効果に期待を示した。
また、ファイテン社とのコラボによる「ファイテンルームフロア」では、心身をリラックスさせる効果が証明されている同社開発の水溶化メタル「アクアチタン」を、客室や廊下すべてにコーティングし、健康空間のホテルを作る目的で設置した。これも世界初の試みだ。このほか、レイコップ社の布団コンディショナー「Futocon(フトコン)」をホテルで初導入した客室(1室)や、抗菌・消臭効果のある「光触媒グリーン」、消臭・除湿効果のある「珪藻土(天井クロス)」などを採用した。
ホテル館内のロボットは、フロント2台の人型ロボットと、コンシェルジュ的な役割を担うコミュニケーションロボットの「Unibo」、クリーナーの4台。また今回は新たに、館内の案内やタクシー予約、周辺の飲食・観光情報などを、スマホをかざすだけで配信し、予約や決済に対応するサービス「スマートプレート」も導入し、テクノロジー活用による利便性向上も追求する。
客層は、ビジネス客をメインに、インバウンドを含むクリニック利用者の宿泊や観光客も取り込む。全118の客室は8割がシングルとセミダブルの設定で料金は12000円~。当初は8~10人程度で運営をはじめ、他の変なホテル同様に6人程度の稼働を目指す。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00010000-travelv-bus_all


元記事はこちら>>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00010000-travelv-bus_all

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください