米中貿易戦争・開戦して分かった、中国には「3つの不利」がある(現代ビジネス) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 先週金曜日、7月6日は、いろんな事があった。西日本一帯に大雨特別警報が出され、数十年に一度の大災害に見舞われた。
 東京では、オウム真理教の麻原彰晃教祖以下、計7名の死刑囚の死刑が執行された。さらに、文部省科学省の佐野太前科学技術・学術政策局長が、息子を日本医大に不正入学させた問題で、日本医大が緊急記者会見を開き、臼井正彦理事長と鈴木衛学長の辞職を発表――。
 このように、日本は大変慌ただしい一日だったが、この日の午後1時1分、世界でもう一つ、歴史に残るような一大事が起こった。米中貿易戦争の勃発である。
 3月22日にトランプ大統領が中国製品への制裁を宣言して以降、世界ナンバー1とナンバー2の経済大国が角を向け合っていたが、とうとうルビコン河を渡ったのだ。
 他の国なら、超大国のアメリカにここまで強硬に迫られたら怯むところだが、2期目の5年が始動した3月に「強国建設」を宣言した習近平政権は、後に引けない。そこで、「貿易覇権主義」という新語を米トランプ政権に被せて、まずは「徹底抗戦」を選択したのだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00056488-gendaibiz-int


元記事はこちら>>https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00056488-gendaibiz-int

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください