【北大阪】大阪桐蔭・西谷監督 薄氷の勝利に「棺桶に片足が入った」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る

 ◇第100回全国高校野球選手権記念北大阪大会準決勝 大阪桐蔭6―4履正社(2018年7月27日 シティ信金スタ)
 史上初2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭は準決勝で履正社と対戦。西谷浩一監督が「大阪で一番強い相手」と認めるライバルに辛くも逆転勝ちを収めた。 大阪桐蔭は1点を追う9回2死走者なしの状況までで追い詰められたが、相手投手の4連続四球で同点に追いつくと、山田健太内野手(3年)が左前へ勝ち越しの2点適時打を放った。
 宿敵相手につかんだ薄氷の勝利。西谷浩一監督は「最後は棺桶に片足が入った。みんなの粘りが実を結んだ」と大粒の汗をぬぐった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000106-spnannex-base


元記事はこちら>>https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000106-spnannex-base

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください